カプセルと錠剤

サイズによる違い

白い薬

人によってどんな犬種を飼っているかは違います。
ペットブームによって犬を飼い始める人が増えていると同時に、犬種もどんどん増えています。
現在は各自が好む犬種を自由に飼うことができるようになっています。
室内で飼うのに適している小型犬もいれば、堂々として威厳のある大型犬もいるなどさまざまです。
どのサイズの犬を飼うかによって、多少なり世話の仕方は変わってくるでしょう。
やはり体のサイズが違うことで、それに適した世話をしなければいけないのです。

そして、犬のサイズによって変わってくるもののひとつとして、医薬品の種類があります。
犬も人間同様に病気にかかることがありますし、そのときは犬用の治療薬を用いて治療しなければいけません。
しかし、すべての犬にまったく同じ医薬品を投与してしまうと、さまざまな不都合が出てしまいます。

体のサイズによって医薬品の効き目は変わってきます。
そのため、小型犬に投与する場合は容量が少なくても問題ありませんが、大型犬に投与する場合は容量が多いものでなければ満足いく効果を発揮することができないのです。
人間が服用する医薬品でも、体重によって服用する種類や量が変わるものがあると思いますが、それと同じです。

フィラリア予防に効果的な治療薬のひとつに、ストロングハートという医薬品があります。
ストロングハートも小型犬用、中型犬用、大型犬用と分けて販売されています。
チワワのような小型犬を飼っている人なら小型犬用を、ゴールデンレトリバーのような大型犬を飼っている人なら大型犬用をしっかり選んであげましょう。

数種類の薬

ストロングハートとは

犬に寄生するフィラリアは、さまざまな症状を招く危険があります。そこで便利なのがストロングハート。カルドメックのジェネリックということもあって、高い駆除・予防効果を持っているなど、大勢の愛犬家から人気な医薬品です。

袋に入っている薬

通販利用時の注意点

フィラリア駆除に効果的なストロングハートは、医薬品専用の通販サイトを利用することで誰でも簡単に購入できるようになっています。しかし、用法用量は飼い主であるみなさんがきちんと守って投与してあげるよう気をつけましょう。

医師が持っている薬

記事一覧

「ストロングハート(小型犬用)の購入で気をつけておきたいこと」の記事一覧です。
Page Top